中古一戸建ての住宅ローンについて

中古一戸建てでも住宅ローン控除を受けられるか

住宅の購入には高額な費用が必要ですから、利用できる制度はできる限り活用するのが良い方法です。
住宅の購入といえば新築物件に魅力がありますが、購入費用が高額となってしまうため中古物件を購入しリフォームやリノベーションを行う人が増えています。
住宅の購入には通常であれば住宅ローンを利用しますが、ローンには住宅ローン控除があります。所得税が控除される制度のため、借入金額の多い住宅購入ではなくてはならないものですが、新築物件を対象とした制度と勘違いされています。
中古住宅の場合には制度に制限がありますが、条件を満たしていれば控除を受けられます。控除を受けられる条件に付いてはそれぞれの購入物件によって異なりますので、購入時に確認するか条件を満たす物件を選択するのも良い方法となります。
条件を満たす物件とは一定の耐震性能を有するとなっていますが、建物の構造によって築年数の指定もありますので、現実的には探すのが難しいといえます。
築年数の浅い物件は販売価格も高くなってしまうため、新築物件のほうがメリットが高い場合もあります。
ローン控除は魅力的な制度で家計を助けてくれるものですが、それだけで物件を選ぶのは良い選択ではないといえます。

中古一戸建ての住宅ローンについて

一戸建ての中古住宅を購入する場合、住宅ローンを組むことが出来ます。当然、家を購入するためには、住宅ローンの審査に通らなければなりません。
では、住宅ローンの審査に通るためには、どのような条件が必要でしょうか。
まず、金銭的な信頼が必要になります。金銭的な信頼とは、お金にルーズではないと言うことです。逆に言えば、審査の段階で自動車ローンを組んでいる場合は審査が通りません。
最近は、携帯電話の分割払いが残っている場合でもかなりマイナスの審査をされます。
例えば、分割払の残高があと5千円だけ残っていても、借り入れ額が大幅に減らされることがあります。
次に、収入です。住宅ローンの借り入れ額は、通常、年収の9割ぐらいまでになります。
年収が400万円の人は、5000万円の借入れをすることが出来ないと言うわけです。年収400万円であれば、最大借入れをすることが出来るとしてもせいぜい3500万円ぐらいになります。
しかも、期限ギリギリの35年ローンを組むしか方法がなくなります。
もし、携帯電話の分割がほんのわずかだけ残っているなどのマイナスの事由がある場合には、3200万円ぐらいまで減らされることがあります。
年収を証明するためには、過去2年分の源泉徴収票などが必要です。

注目サイト

美顔ローラーの口コミ
http://www.scitechsoft.com/skin/bigan-roller-ranking
アンドモワ株式会社
http://www.jihei-sushi.com/
からだ想いの口コミ
http://caravelcms.org/sapuritype/kikko
薬剤師 求人
https://www.pha-navi.net/
パンフレットの作成
http://www.panffactory.com/
海老名 不動産
http://www.mh-atsugi.com/
itext pdf
http://www.sib.jp.net/products/itext/
ガス給湯器 愛知
http://ion-gas.jp/

2016/11/21 更新